柴山プロフィール

柴山政行の著書

メニュー

フェイスブック

柴山政行公認会計士税理士事務所
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804

600売上を増やす

中小企業にとって、売上の維持は死活問題です。

そして、会社の社長さんにとって、もっとも大きな関心は、

『いかにして本業の売り上げをアップするか!』

であることが多いでしょう。

集客や売り上げアップの相談を、顧問の会計事務所にされる
ケースが時々見受けられますが、残念ながら税理士になる
プロセスで、「ほとんど営業の知識」を学ぶ機会はないのです。

したがって、たいていの場合、社長の期待する集客の知恵は、
会計事務所から引き出すことができません。

ちなみに、1990年代を境に、会社を取り巻く
マーケットの状況が180度変わりました。

簡単にいえば、「毎年、黙っていても5%程度伸びていた市場」が
1990年までです。

この時の成功法則は、「みんなと同じことをしろ!」です。
土地を買って数年寝かせておけば勝手に時価が上がって、
お金が錬金術のように手に入った時代はもう過去のことです。

会計事務所も、立地の良いところに事務所を構えていて、
電話帳に事務所の電話番号を記載しておけば、毎日のように
新規開業を考えている起業者からの問い合わせが、
それこそ列をなしてやってくる、という時代がたしかに
あったそうです(60歳以上の税理士先生から、
複数、そのような話を伺いました。)

会社も同じで、人口が右肩上がりで増加し、
平均的なライバル企業と同じことをやっておけば、
自動的に毎年5%~10%ずつ売り上げが増えていった
時代の成功体験は、今のマーケットでは、何の慰めにも
なりません。

今は、放っておいたら「5%ずつ縮小する市場」などザラです。

そんな、下りのエスカレーターが基本的な市場の姿となった
日本にあって、通常、売上を増やすのは、はっきりいって
20年前の平均的な経営者的発想では困難を極めるでしょう。

だから、今や

「集客」「売上アップ」は、技術が必要

です。

柴山会計事務所の代表である柴山政行は、自ら2004年に
会社を興し、会計事務所と並行して2013年までの10年間、
事業を継続して地道ではありますが、インターネットでの集客を
中心に、ほぼ毎年、増収・増益を記録しています。
インターネットだけで月300~500万円を売り上げています。

柴山自らが「社長として集客し、売上を作れる」技術を磨いてきました。

ぜひ、中小企業の社長様の現在における集客の悩み、
営業活動における心配事などをご相談ください。

税務会計業務だけでなく、社長の営業面でのお悩みにも、
柴山会計の持てるノウハウでできるだけ解決につながる
お手伝いができるよう、努力いたします。

▲ページTOPへ